SEになるには第二新卒の文系でも大丈夫です

第二新卒の方のSE転職について解説します。
オススメの転職エージェント「ワークポート」についての情報も。

SEになるには第二新卒の文系でも大丈夫です

日本も長年就職氷河期が続き、新卒生が第二新卒になるまで就職先が決まらないなど珍しくなくなってきました。
特に就職先が豊富だったはずの文系の第二新卒が増えたのが古い世代の人からすると驚きの変化でしょう。しかしそんな時代だからこそ第二新卒になろうとも就職にそれほど不利にならないようにもなってきています。
また一般的に理系だと思われがちなSEですが、実際には文系であっても問題の無い職種でもあるのです。就職できずに新卒では無くなったからと言って諦めることはありません。
また文系だからとSEになることを諦める必要は無いのです。

システムエンジニアには単に理系以外にも様々な能力が求められます。
一つのプロジェクトで一緒に働く人たちとのコミュニケーションなども必要となるのは当然です。更にはシステムエンジニアに不可欠な技術であるプログラムとは直訳すれば文章の専門家のこと、それまで培ってきた文章の構成力が必ずSEで役立てられるときが来るでしょう。

日本は就職氷河期と言いましたが、最近ではアベノミクスによって景気も上向き、雇用環境も改善の傾向が見られるようになってきています。その変化は当然SEの雇用状況にも影響を与えるでしょう。
たとえ第二新卒でSEとして補とんと初心者であったとしても気後れする必要はありません。
たとえ分野違いであっても新人を一から教育するコストは、企業側にとって殆ど変わらないものなのです。
これから求められるのは、学歴やすでに習得した技術や知識よりも、本人のやる気がものを言う時代となるでしょう。そのやる気を前面に押し出し、どんな悪条件にも気後れすること無く面接に挑戦すれば必ず道が開けるはずです。



オススメサイト


第二新卒で未経験でもSEになれるのかSEになるには第二新卒の文系でも大丈夫です
第二新卒のSEの履歴書の書き方SEとして第二新卒で入るなら、入社試験は必須