第二新卒のSEの履歴書の書き方

第二新卒の方のSE転職について解説します。
オススメの転職エージェント「ワークポート」についての情報も。

第二新卒のSEの履歴書の書き方

SEは若い年代であれば比較的就職の可能性が高くなりやすいですが、他の会社ですぐに辞めていたりアルバイトなどをして就職先を探している第二新卒と呼ばれる人にとっては、新卒と比べると条件が不利になります。

基本的には、SEという仕事は採用時期が一定になっているというものではなく、人手が足りなくなったときなどに募集をかけるようになっていますが、これまで他の企業でスキルを磨いてきたという人と、同年代の第二新卒を比較したときにはやはり長期的な仕事ができない人材ではないのかと思われてしまいがちです。そのため、履歴書の書き方や面接の受け答えなどについては注意を払わなければなりません。
たとえば、これまでに他の企業でSEとして長く勤めてこなかったことについては、将来的な展望があったのか、これまでの生活でどういったものを得ることができたか、それを採用されたときにどのように仕事に活かせるかなど、自分に有利になるような前向きな考え方に導いていく必要があります。
とはいっても、独りよがりな考え方では面接官にも納得されませんので、客観的な意見をもらいながら作成していくのがよいでしょう。

就職や転職活動をするときには、転職サイトなどで無料の会員登録をしてみるのも一つの方法です。アドバイザーが着いて履歴書の書き方や面接の受け答えなどのアドバイスをしてくれますので、第二新卒という状況であってもそれを強みにした対策を取ることも可能です。
また、気になる企業の詳しい情報を調べてもらったり、面接の日程調整を代行するなどさまざまなサポートを受けられますので、自分ひとりでこういった活動するよりも負担が少なくなり、転職活動がしやすいです。



オススメサイト


第二新卒で未経験でもSEになれるのかSEになるには第二新卒の文系でも大丈夫です
第二新卒のSEの履歴書の書き方SEとして第二新卒で入るなら、入社試験は必須